main_image01

どもです。

今日はちょと寒い、どんより曜日の金曜日ですが

おととい13日、たきかわホール寄席「権太楼・枝光 二人会」がありました~。

今回はいつにない高座の作りで

枝光師匠も確認しつつ、ナグリでトントン、トントン、トントン…。

舞台の間口いっぱいに作りました。けっこうな大仕事。。。

今回の番組は、

柳家ほたる「転失気(てんしき)」

桂枝光「紙屑屋」

柳家権太楼「不動坊火焔」

そして、トリは枝光師匠「はてなの茶碗」

権太楼師匠のお弟子さんのほたるさんから始まり、会場内はたっぷりと笑わせていただきました。

権太楼師匠の客足をグッと惹きつける魅力。

枝光師匠の舞台を隅々まで動き、身体全体でそれこそ「これは落語?」と思わせるような見事な『紙屑屋』

舞台がハネた後の打ち上げで伺いましたが、枝光師匠は先代の文枝師匠から直接指導してもらい

真打になった札幌での襲名披露公演を、教育文化会館の大ホールで同じようにやったそうです。

(教育文化会館の大ホールは、たきかわ文化センターと同じくらい広い舞台ですから驚きです。)

たっぷり、たっぷり、お三方の噺を堪能させてもらった時間となりました。

残念ながら集客には苦戦しました。もっとたくさんの方にこの小さな会場での「ホール寄席」を楽しんでもらいたいなぁ。

5月の事業には課題がたくさん残りました。

選ぶ作品・舞台には自信ありなのだが… by ボス長田