main_image01

お祭りです。  雨です。

やっぱりね。ポツ、ポツ、と降ったり止んだり。滝川のお祭りは3日間のうち

どこかで雨が必ずといっていいほど降るんですよ・・・。

どことなくソワソワしちゃう日でしたが、とんとんでは「おはなし でてこい」がありました。

今日は10組程度の参加者でした。

 

講師の佐藤先生の今日のお話は、絵本から字のある読み物の本へ移っていく時の話。

先生は絵本で子どもの想像力をうーんと育ててあげると

文字のある本を本当に読めるようになる、ということをおっしゃっていました。

そうなると、子どもは読みながらイメージが浮かんでくるそうです。

字が読めることと、「おはなし」がわかるということは、別のことだと言ってました。

いろいろな子どもがいるように、本にもいろいろな種類があること。

たくさん想像力を育ててあげるといいよ、ともおっしゃっていました。

こんなにちっちゃい絵本もあるんですね。

今日、はじめに読んでくれたのは

「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ」

彼女は先生がお気に入り?それとも絵本がお気に入り?

 

び ろ ー ん

このページは、いったいどこでしょう・・・笑

答えは絵本で見つけてね。

 

 

後半は、先生が持ってきてくれた絵本をみんなで手に取りながら

それぞれ自分の子どもに読んでみました。

 

次回は9月6日わけみずえさんが とんとんに来て

楽しいエプロンシアターを見せてくれます。

気になる方は、ぜひ『親子ひろば とんとん』へお問合せください。

byボス長田